結婚式総合情報〜ウエディングドレス、パーティドレス〜
結婚式総合情報〜ウエディングドレス、パーティドレス〜

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスの手順





レンタルウェディングドレスの結婚式当日までの手順について紹介します。連tなるウェディングドレスを借りようと決めた人は、まずは、結婚式のだいたい半年から1年位前にお店の人に、どのようなレンタルウェディングドレスが希望なのか、どのような会場で、どれくらいの予算で行うのかなどのイメージを伝えるといいと思います。


そして結婚式の三ヶ月くらい前までに、試着をしてレンタルウェディングドレスを選ぶのですが、その際に、一緒に小物やヘアスタイル、ベールやメイクなど色々なことも決めます。大体のところは予約制になっていて予約して時間をとってもらって、時間が許す限り色々なレンタルウェディングドレスを試着することになります。そして選んだドレスに似合う小物を選んでヘアスタイルやメイクをどうするのか相談します。


そしてレンタルウェディングドレスや小物が決まった当日までに一度リハーサルをしてもらいます。これはかなり重要で、事前にどのような感じになるのかリハーサルをしてもらうほうがいいですよね。


ウェディングドレスのレンタル2

妊娠中はレンタルウェディングドレス





レンタルウェディングドレスを利用する人というのは、それぞれ利用の目的があると思いますが、妊娠中の花嫁さんはレンタルウェディングドレスがいいかもしれませんね。オーダーメイドでウェディングドレスを作るのは妊娠中の変化しやすい体ではなかなか難しいですし、まだ妊娠初期のかたならいいのですが、妊娠安定期に入ってからだと日を追うごとにお腹が大きくなってしまいますよね。


ですから妊娠中に結婚式を挙げる予定の方はレンタルウェディングドレスがいいですね。レンタルウェディングドレスなら色々な種類もサイズも豊富にそろっていますから、万が一おなかが目立って以前決めていたウェディングドレスが着れないとしても、他のレンタルウェディングドレスを選べばいいですよね。


レンタルウェディングドレスにもマタニティーのウェディングドレスも最近では用意しているお店もあるといわれていますから、妊娠中の人は一度相談してみてもいいかもしれませんね。レンタルウェディングドレスを上手く利用して、体型の悩みを解消したいですね。

ウェディングドレスのレンタル2

海外挙式にレンタルウェディングドレス





海外挙式にレンタルウェディングドレスを利用する人が増えています。海外挙式をするひとがレンタルウェディングドレスを利用する人はどのような人なのかというと、やはりウェディングドレスを日本から持ち込むのが大変だと思っている人が多いですよね。ウェディングドレスを日本からたたんで飛行機にのせてもって行くというのはかなり大変なことですよね。


海外挙式をする時に現地でレンタルウェディングドレスを利用できれば便利ですよね。例えばハワイで結婚式をする時に、レンタルウェディングドレスを利用すれば、手ぶらでハワイに行って現地でドレスを選んでレンタルウェディングドレスを着て結婚式を挙げればいいので手間がいりませんね。


ハワイのレンタルウェディングドレスはアメリカンサイズなのかと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、最近では日本のレンタルウェディングドレスの会社もありますから、日本から式場を予約するときにチェックしておくといいかもしれませんね。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスをオーダーする





レンタルウェディングドレスをオーダーできるって知っていますか?レンタルウェディングドレスをオーダーするって変ですよね。購入するウェディングドレスならオーダーメイドもありえますが、レンタルウェディングドレスのオーダーって何なのでしょうか。


レンタルウェディングドレスのオーダーと言うのは、ファーストレンタルと呼ばれるもので、自分に合わせてウェディングドレスを作ってもらってそれをそのままレンタルウェディングドレスとして貸衣装やさんなどにそのまま引き取ってもらうと言うシステムのことなのです。


レンタルウェディングドレスは、必ず自分の体型にぴったりフィットするかどうかはわかりませんが、このファーストレンタルにすると、自分のサイズにぴったりあったドレスを作ってもらえるのでジャストサイズのドレスを着ることが出来るので言いですね。


レンタルウェディングドレスのオーダーシステムのファーストレンタルの特典は、常に最新のデザインを選ぶことが出来るのでいいですよね。またジャストサイズで作ってもらえるのでいいですね。また普通のレンタルウェディングの場合は一泊二日の暖簾たるになることがありますが、まだレンタル市場に出ていないレンタルウェディングドレスなので、長い期間レンタルすることも可能だそうです。また買い取りも出来るので気が変わって気に入ったら買取をしてもいいですね。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスを試着する





レンタルウェディングドレスの試着について紹介します。レンタルウェディングドレスの試着ですが、必ず試着してからレンタルウェディングドレスは選びたいですね。レンタルウェディングドレスを選ぶときには必ず試着をしたほうがいいのですがその理由として、やはり、見た目と実際に来て見たレンタルウェディングドレスのイメージって違うと思うんですよね。自分ではいいと思って選んだレンタルウェディングドレスも実際に着てみるとちょっとイメージが違ったなんてこともあると思います。


ですからレンタルウェディングドレスは試着をしてから選びたいですね。レンタルウェディングドレスを試着しに行くときには、デジカメやポラロイドカメラを持っていくといいかもしれませんね。というのも、デジカメで一着一着着たところを写真にとってもらえば、帰ってからどれが似合っているのか検討することも出来ますし、もしも新郎さんが一緒に行かなかった場合には、どんなドレスを選ぼうと思っているのか見せることも出来ますからね。


レンタルウェディングドレスの試着は何十着も試着する必要はありません。自分がこれがいいかな〜と思った3-4着を試着してみるとそれでいいとおもいます。何着もレンタルウェディングドレスを試着するのは結構疲れるので的を絞って試着するといいですね。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスを選ぶ





レンタルウェディングドレスを選ぶときが一番楽しいですよね。レンタルウェディングドレスを選ぶとき、一人で選ぶに行きますか?それとも、新郎と行きますか?またお母さんと行く人もいますよね。あと、お友達と行く人もいると思います。レンタルウェディングドレスを選びに行くときは出来れば率直な意見を言ってもらえるひとと行くのがいいですよね。


色々試着して選んでもあまり反応がない場合はせっかくレンタルウェディングドレスを選びに行ってもなかなか決まらないかもしれません。レンタルウェディングドレスを選ぶときには、きっと沢山あるなかからひとつを選ぶというのはかなり大変だと思います。ですからあらかじめどんなデザインにしておくのか決めておくといいかもしれませんね。


またレンタルウェディングドレスのショップの人に、あらかじめ自分が選びたいドレスのイメージを伝えておくとイメージに合わせたレンタルウェディングドレスをいくつか出してくれるのでいいですよね。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスの借り方





レンタルウェディングドレスの借り方について紹介します。レンタルウェディングドレスの借り方ですが、レンタルウェディングドレスは貸衣装を専門に取り扱っているお店に世直接行ってレンタルウェディングドレスを選んで借りると言う方法もありますね。レンタルウェディングドレスを貸衣装専門店で借りる場合は、事前に予約をしてから試着する日を決めてそれからいくとスムーズに対応してもらえていいですね。


そして、当日はどのような流れでレンタルウェディングドレスを借りるのかを確認しておきましょう。例えば、前日にお店にレンタルウェディングドレスをとりに行かないといけないのか、それとも、レンタルウェディングドレスをかしてくれるお店が結婚式場まで持ってきてくれるのかなど、その辺のことをきちんと聞いておきましょう。


また、レンタルウェディングドレスを借りるときには、式場や披露宴会場で借りるという方法もありますよね。その場合は、会場の人にどのように借りればいいのか手順を貴意いておいたほうがいいですね。レンタルウェディングドレスを提携しているショップからかりることもあるようですから。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスの袖のタイプ





レンタルウェディングドレスの袖のタイプについて紹介します。レンタルウェディングドレスの袖のタイプには色々な種類があるんです。例えばキャミソールタイプのものやフレンチタイプのもの、そして五部袖のものや長袖のもの、タンクトップになっているものや半そでのもの、またパゴダスリーブと呼ばれるタイプのレンタルウェディングドレスもありますね。


レンタルウェディングドレスの袖のタイプを選ぶときは好みで選んでもいいのですが、体型や二の腕の太さを考えて選んだほうがいい場合もあります。二の腕の太さを考えなくてもいいタイプのレンタルウェディングドレスの袖のタイプは五部丈や長袖タンクトップ、パゴタスリープタイプのものです。


レンタルウェディングドレスの袖タイプを自分の着たいものにしたい場合は、やはり少し二の腕を気にしないといけないというわけですね。二の腕ダイエットをして、どんな視でタイプのレンタルウェディングドレスのタイプでも着れるようにしたいですね。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスのネックライン





レンタルウェディングドレスのネックラインについて紹介したいと思います。レンタルウェディングドレスのネックラインといっても色々な種類があるのをご存知ですか?その前に、レンタルウェディングドレスのネックラインというのは何かと言うと、首のデザインのことを言います。洋服にも首のデザインってあると思いますが、例えばどんなものがレンタルウェディングドレスのネックラインとしてあるのか紹介してみますね。


まず、レンタルウェディングドレスのネックラインとしてUネックと言うものがあります。これは首元がUの形になっているものです。それからスクエアと呼ばれるものは首のラインが四角い形をしています。そしてハイネック、丸首のデザインは洋服でもあるのでご存知の方も多いですよね。そして有名なVネック、ポートネック、そしてオフショルダーといって肩の位置が少し下になっているもの、そして肩ひもがないタイプのビスチェと呼ばれるものもありますね。


レンタルウェディングドレスのネックラインは好みで選んでもいいのですが体型によって選ぶのもいいと思います。例えばハイネックのレンタルウェディングドレスのネックラインの場合はあまり太めの方よりは細めの体型の方のほうがいい場合もあります。あと、二の腕の太さも重要ですから気をつけないといけませんね。

ウェディングドレスのレンタル2

レンタルウェディングドレスの素材




レンタルウェディングドレスの素材について紹介します。レンタルウェディングドレスの素材は、色や形を選ぶのと同じくらい大切なことですよね。レンタルウェディングドレスの素材には、色々な物があります。レンタルウェディングドレスの素材一つでそのドレスの雰囲気がとっても変わりますから慎重に選びたいですね。


レンタルウェディングドレスの素材には、例えば光沢があっててかりがあるものや、艶があるもの、そしてレースがついているものや、サテンのもの、シワ加工のものなど本当に色々な物があります。レンタルウェディングドレスの形ごとに、3着くらいずつレンタルウェディングドレスの素材を変えて試着してみるといいかもしれませんね。


レンタルウェディングドレスの素材の多くは、Aラインのドレスの場合はサテンが多く、プリンセスラインの小さいものではオーガンジーが多いですね。私も自分の結婚式で着たレンタルウェディングドレスはAラインのサテン生地でした。シンプルなデザインの場合は、少し生地に華やかさを持たせるのもいいかもしれませんね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。